フジテレビ系列『ノンストップ!』に王様のアイディアを取り上げていただきました!

ピンアート(ピンク&ネイビー)

¥2,200
¥1,100 50%OFF

商品サイズ:約W125×D55×H175mm
重さ:約280g
素材:ポリプロピレン、ポリスチレン他
生産国:中国

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「kingsidea.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「kingsidea.jp」を許可するように設定してください。

※この商品は、最短で10月4日(火)にお届けします(お届け先によって、最短到着日に数日追加される場合があります)。

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 佐川急便

    佐川急便宅配便

    全国一律 ¥770

※¥5,500以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する

無数のピンに手のひらなどを押し付けて、形が浮かび上がる様子を楽しむ「ピンアート」。
懐かしグッズとして、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

おそらく、皆さんがご存知のものはこちら。

金属のものがよく見るピンアートではありますが、実際使ってみるとちょっとこわいな~…ということで、令和版王様のアイディアでは軽くて安全なプラスチックバージョンを取り扱います!

ピンクとブルーのバイカラーバージョン。
明るい色合いなので部屋に置いておくだけで楽しい!
子供部屋にも合いそうです。お子さんのおもちゃにぴったりです。ぜひご家族みなさんで遊んでみてくださいね!

ピンアートの遊び方は無限大。

手のひらはもちろん、綺麗な拳を作ろう選手権をしてみたり…

小顔の方は顔を押し当ててみるのもあり。

ぜひ皆さんの楽しみ方を見つけてください!

これこれ、昭和世代には懐かしいですよね。

昔、友達やいとこの家でよく見かけました。

定番の置き場所は、ピアノやサイドボードの上。

置いてあるとついつい触ってしまうアイテム、No.1ですね。

店長のここがポイント!~ピンアート編~

これこれ、昭和世代には懐かしいですよね。

昔、友達やいとこの家でよく見かけました。



定番の置き場所は、ピアノやサイドボードの上。

置いてあるとついつい触ってしまうアイテム、No.1ですね。



このアイテム、もともとはロシア生まれの映像作家アレクサンドル・アレクセイエフが、1930年代にアニメーション作成用に生み出したアイディアがもとになっているそうです。

なんと、生誕から100年近くも経っているんですね。



アレクサンドルさんも、こんなに長く愛されるアイテムになっているとは思ってもいなかったのではなでしょうか。



ピンアートの使い方はとっても簡単。



まず本体を水平にして、ピンの頭だけが出ている状態にします。

このときの「チャッ!」という音がなんとも心地よいですね。

この状態で下から手をあててみるもの、なんともいえない心地よさです。

次にピンが頭から突き出した状態で、本体を縦か横にして平らなところに置きます。

2通りの向きでおけるのが、この商品の良いところ。

何を押し付けるか、大人の創造力が刺激されますね。

あとは、裏側から何かを押し当てるだけ。

ピンをニュっと押し出すと、その形がそのまま残ります。

手を押し出してみるもの良いですし、

身の回りのものを押し出してみるものよいでしょう。

水平にしない限り形が保持できますので、気に入った作品ができたらそのままインテリアとして飾っておきましょう。



ありきたりなインテリアと違って、その日の気分で見た目を変えられるのがピンアートの良いところですね。



ちなみに王様のアイディアで販売しているピンアートはプラスチック製。

お子様が触っても安全な材質となっています。



大人にとっては懐かしく、いまどきのお子様にとっては新鮮な「ピンアート」。

アイディア次第で、身の回りのものが何でもアートへと変貌します。



ご家族で、作品を競いあってみてはいかがでしょうか。

ショップの評価