フジテレビ系列『ノンストップ!』に王様のアイディアを取り上げていただきました!

BLOG ブログ一覧

2022/07/06 10:59



僕は小さな会社を作って、自分で仕事を生み出して働いている「スモール起業家」です。

 

これを読んで下さっている方の中には、起業することに憧れている方もいらっしゃるかもしれません。

「起業」と聞くと、「世の中を変えるアイディアを考えないといけないのかな」とか、「社員をたくさん雇わないといけないのかな」とか、「お金がたくさん必要なのかな」とか、いろいろな心配事を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、それらは特に必要なく、他の人が苦手なことを得意分野にして、多くの人を手伝えるようになれば、起業できます。

 

言い方を変えると、何かしらのニッチな専門家になれれば、起業できます。これが1番早いのではないかと思っています。

 

例えば僕はおもちゃ・ゲームの開発者ですが、そういう人で独立していろいろな仕事をしている人は、日本中で見ると0.0〇〇%とか、ものすごく希少な人材ですよね。一方、おもちゃやゲームを作りたいお客様も相当に少ないですが、それでもその中のたくさんの人が僕を見つけてくれて、一緒におもちゃを作る相談をしてくれます。ニッチな得意技があると、その名刺をいろいろなところで配ったり、SNSで自己紹介したりしているだけで、いろいろな人に見つかっていくのです。

 

僕が憧れているビジネスマンの一人が、魚の第一人者である「さかなクン」です。

魚という一大生き物のトップ取っているので、「魚と言ったらさかなクン」となります。起業の考え方の究極系です。

 

魚級のデカいジャンルのトップはそうそう取れないですよね。

しかし、ニッチであればあるほどトップはすぐ取れます。

 

そう考えると、おもちゃというジャンルは、すべての人が子供時代に通るものでありながら、専門家があまりいない、ラッキーなジャンルだったかもしれませんね。

 

ジャンル選びは、もちろん自分が好きなことや得意なことしか選べないわけですが、その中でもニッチであればあるほどいいと言えます。

 

例えば、「私はライターです。」と言うよりも、「〇〇のことしか書かない、〇〇ライターです。」と宣言して、それに関する文章しか書かないと決めると日本一になれます。

他の人とかぶらないように自分を深掘りし、細分化して、「私って何者なんだ?」ということを分かっていく作業は、まさにアイディア作りです。

 

僕も実は、おもちゃなら何でも作れるわけではありません。というかほとんど作れません。手触りを楽しむ感触玩具とか、ガチャガチャとか、アナログゲームとかが得意です。たぶんこれからも、それらの得意なことだけを磨いていくと思います。

 

 

◆この原稿は、ボイスメディアVoicyの音声配信番組、「高橋晋平の11アイデア」を参考に原稿化されたものです。

 

◆この原稿は、ボイスメディアVoicyの音声配信番組、「高橋晋平の11アイデア」を参考に原稿化されたものです。

 

Voicy 高橋晋平の11アイデア:https://voicy.jp/channel/1883

高橋晋平Twitterhttps://twitter.com/simpeiidea

株式会社ウサギHPhttps://usagi-inc.com/