フジテレビ系列『ノンストップ!』に王様のアイディアを取り上げていただきました!

BLOG ブログ一覧

2022/07/01 16:17

 

 

アイディアの使い方の本質とは何でしょうか。 


特に社会人の方がアイディアという言葉を聞くと、仕事に使うものであると思いがちですよね。でも僕は、アイディアはそれ以前に、ちょっとした悩みごとを解決したり、生活を楽しくしたりするための工夫だと考えています。

 

例えば、人間関係の悩みはアイディア一発で解決できるものが多いです。

 

僕も特に中高時代は人間関係で苦労していましたが、アイディアひとつで問題を解決した思い出があります。

 

僕が通っていた中学校は、いわゆる不良やいじめっ子がたくさんいて、2年生の頃に2人のクラスメイトが「あいつを無視し続けようぜ」みたいなことを僕に対して言い出したことがありました。

 

当然辛かったので、何とかしようと思い、ある日その子たちが1人ずついるときを見計らって片方に近づいて、「僕がもしかしたら何か悪いこと言ったかもしれないし、ぶつかったかもしれないし、ごめんね」みたいに、すごく丁寧に話しました。そして、その様子をもう1人の方にわざと目撃させました。そうしたら、「あれ?、え? なんで2人で話してるんだろう?」みたいになって、近づいてきて、不思議なほど何もなかったかのように3人で言葉を交わし、その2人はその後僕に普通に話しかけてくるようになりました。

 

この例は少々、「ブラック人たらし術」みたいな話かもしれませんが、結果的に人を傷つけたわけではなく、仲が改善したので、いいアイディアだったと思っています。

 

あの頃はアイディアという言葉を意識しておらず、計算したわけでもなく、「何かしないと!」という本能で動いた感じだったと記憶しています。アイディアとは、切羽詰まったときにパッと出てくることが多いものです。

 

アイディアは恋愛にも使えます。

 

今の妻と初めて2人で遊びに出かけるとき、パワースポットとして有名だった神社に誘いました。最初に神社に誘われたことを後々聞いてみると、印象は良かったと言っていました。

 

神社は派手で楽しい場所ではありませんが、好きでもない人を連れて行かないですよね。

 

僕の中では上手くいくために考えたことであり、まさにアイディアでした。そのあと2ヶ月後にプロポーズして結婚しました。

 

もちろんこれは単なる1アイディアですから、100%成功するはずがないし、むしろ失敗することの方が多いかもしれません。しかし、試してみて損はありません。こんなふうに、嬉しいことが起きるように知恵を絞って、トライアンドエラーを楽しむのがアイディアの真骨頂です。

 


  

◆この原稿は、ボイスメディアVoicyの音声配信番組、「高橋晋平の11アイデア」を参考に原稿化されたものです。

 

Voicy 高橋晋平の11アイデア:https://voicy.jp/channel/1883

高橋晋平Twitterhttps://twitter.com/simpeiidea

株式会社ウサギHP:https://usagi-inc.com/